今日の親子英語 Day 11: Can I go to the toilet?

どこでも子どもクラスを開講したら、幼稚園児にでも真っ先に教えるのがこのフレーズだと思います。「おトイレ行っていいですか?」
小学生が今がんばって歌って踊っているDansinglishの中にもこのフレーズがあり、それには “Can I go to the bathroom?” となっています。アメリカではbathroomがトイレを指しますが、これはbath(お風呂)とおトイレが一緒になっているからです。ただ、このように教室や学校にいる時やショッピングセンターにいる時は、bathの付いていないトイレだと思うので、アメリカではrestroomとも言います。どうやらtoiletとはあまり言わないような。
そこで、どう聞くのが一番リアルに近いのか、Facebookのネイティブ友に聞いてみたところ、沢山のコメントが😅
UK(イギリス)では、”Can I go to the toilet?” でも良いらしいですが、そもそもtoiletという言葉をストレートに使わない、というイギリス流礼儀作法もあるらしく、口語では”Can I go to the loo?“というそうです。(これは、日本の英語教室では絶対教えないと思いますが😅 ) それよりも”Please excuse me.”とか”May I leave the table?”とか一切トイレという言葉を出さない(しかも基礎的な単語を使った)表現も色々と教えてもらいました。そして、そもそもCan I じゃなくて、もっと丁寧なMay I ? と教えるべきだ!とUK人に言われてしまう始末😥

とりあえずうちの教室では、まずは”Can I go to the toilet?“で教えていこうと思います。日本語のトイレに近いから、幼稚園の子たちでも言いやすいので。そして私の海外在住経験から言うと、toiletという言葉を知っていれば英語圏じゃないところでも通じるので。。。
May I ? は明日取り上げようと思います。

関連記事

  1. 今日の親子英語 Day1:How are you doing…

  2. 今日の親子英語 Day3: I’m tired.…

  3. 今日の親子英語 Day 15: What day is it…

  4. 今日の親子英語 Day9: This is fun!

  5. 今日の親子英語 Day5: Ouch! It hurts.

  6. 今日の親子英語 Day20: Nice to meet yo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP